駅弁: 北海道産の食品・お菓子の新製品


-- >
2009年09月18日

「アイチフーズ」「甚べい」「コンテクスト」が、「海鮮ホイル焼き&ステーキ弁当」を共同開発

北海道内を中心に弁当チェーンを展開している
・アイチフーズ[3](札幌圏中心に「ベントス」29店舗を運営)
・甚べい[4](胆振管内で「甚べい」18店舗)
・コンテクスト(道南で「甚兵衛」3店舗)
3社が、道産食材を使用した初の共同開発商品「海鮮ホイル焼き&ステーキ弁当」を、9月下旬から発売するとのこと[1][2]。

この3社は、2009年2月から業務提携を結んでおり[5][6]、今回の「海鮮ホイル焼き&ステーキ弁当」では、各社がアイディアを出し、アイチフーズがレシピを完成。

また、健康食品の開発・販売を手がける「北海道バイオインダストリー」等、道内の3企業も商品開発に参加して、オニオンソース作り等で協力しているそうです。

海鮮ホイル焼き&ステーキ弁当」の特徴や価格、販売期間は、
・具材は、
 ・ホイル焼きのホタテ
 ・鮭
 ・かぼちゃ
 等、全てに道産品を使用。
 また、ご飯も北海道産米を用いている。
・価格:680
・販売期間
 ・アイチフーズ:9月24日〜11月
 ・甚べい、コンテクスト:10月1日〜11月
となっています。

新聞記事[1][2]では、アイチフーズの
「道産食材へのこだわりをはじめ、付加価値が高い商品販売で違いを打ち出したい」
とのコメントが紹介されています。


個人的に弁当屋さんの弁当は、独特な美味しさがあると思っていますが、今回の「海鮮ホイル焼き&ステーキ弁当」は、写真を見た限りでも、おかずが贅沢で量も多く、非常に美味しそうです。

私はもう10年以上、弁当屋さんで弁当を買っていませんが、(「海鮮ホイル焼き&ステーキ弁当」は無理そうだが)機会があったら久しぶりに購入してみたいものです。


※参考資料
・[1]道内弁当チェーン3社 道産素材で共同開発 海鮮・ステーキ丼 今月下旬から販売
 (北海道新聞2009年9月日(木)朝刊9面記事)
・[2]道産素材で共同開発 道内弁当チェーン3社が海鮮・ステーキ弁−北海道新聞[経済]
 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/189283.html
・[3]北海道 札幌 ベントス弁当 BENTOSS / おふくろの味 定食屋ジンベイ / 株式会社アイチフーズは札幌市を拠点としサービスを展開しています。
 http://www.bentoss.co.jp/
・[4]苫小牧のお弁当といえば「甚べい」 弁当・法要料理・オードブルの店頭販売・宅配・配達
 http://www1.ocn.ne.jp/~jinbei/
・[5]asahi.com:弁当人気 うまい商機 道内3社が業務連携-マイタウン北海道
 http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000260903110002
・[6]ベントス、甚べい、甚兵衛 地場弁当3社が提携 販売、仕入れを共同化−北海道新聞[北海道米 関連ニュース]
 http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/hrice_news/55335.html


2009年03月15日

JR留萌駅の幻の駅弁「にしんおやこ」が静かな人気

北海道のJR留萌駅で販売されている駅弁にしんおやこ」が、静かな人気となっているとのこと[1]。

この駅弁にしんおやこ」は、留萌駅で立ち食い蕎麦屋さんを経営されている方が、同駅に駅弁が無いことを指摘されたことがきっかけで、2003年から作り始めたもの。

弁当の中身は、

・醤油味のご飯
・ニシンの甘露煮(ご飯の上に載っている)
・塩数の子2本(同上)
・金糸卵
・山菜

等となっています。

(参考資料[1]〜[4]の写真を比較すると、時期によって内容が若干変化しているようです。)

ただ、作り置きが効かないことから、現在は普段、完全予約制・注文販売で、12〜3個販売されている(店頭には並ばない)そうです。

※サイト[2](平成18年4月時点)では、「留萌駅内の立食いそばスタンドで販売」との記述があります。
 また[4](2007年6月)では、「1日限定10食で、予約は以前は受け付けていましたが、予約しながら取りに来ない人が多かったそうで、現在は中止されて」いる、との記述がされており、販売数や販売方法も、これまで変化してきたように見受けられます。

※全国で開催される駅弁フェアや北海道物産展では、旭川の業者に委託して販売しているとのこと。

新聞記事[1]では、製造者の方の

・原価が高いため、1個でも売れ残ったら赤字
・販売数は多くは無いものの、全国の駅弁好きな人たちから注文が入る

また、留萌駅駅長の

・「にしんおやこ」は、鉄道時刻表にも掲載されていない幻の弁当

といった内容のコメントが掲載されています。

ちなみに「にしんおやこ」の販売価格は、890円となっています。


店頭には並べられない・・・という点には、確かに、「食べてみたい」という気持ちをよりそそられる気がします。

ただその点を除いても、参考資料[1]〜[4]の写真を見ると、海の幸を生かした、非常に美味しそうに感じられる弁当です。


※参考資料
・[1]留萌駅弁 静かな人気 完全予約で製造「にしんおやこ」
 (北海道新聞2009年2月24日(火)朝刊30面記事)
・[2]駅弁−留萌本線 留萌駅
 http://homepage3.nifty.com/mon-hikara/ekiben1-rumoi.htm
・[3]にしんおやこ・留萌駅弁[駅弁の小窓]
 http://ekibento.jp/hok-rumo2.htm
・[4]留萌駅弁「にしんおやこ」 - ナムコトラベル - 写真とクチコミの旅行情報サイト
 http://namcotravel.jp/user/chx01710/w37660/
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。