肉: 北海道産の食品・お菓子の新製品


-- >
2009年02月11日

札幌市と江別市で「2009エゾシカ料理まつりin札幌」が実施中

札幌市と江別市の飲食店・計33店舗[5]で2月1日15日の期間、工夫を凝らしたエゾシカ料理を提供する「2009エゾシカ料理まつりin札幌」が催されているとのこと[1][2][3]。

この「エゾシカ料理まつりin札幌」では、社団法人エゾシカ協会による「エゾシカ肉推奨制度」[6]の認定を受けたエゾシカ肉を使用して、参加店舗が料理を提供。

2007年(17店舗が参加、挽き肉限定などの条件付き[4])に続いて今年で2度目の開催ですが、今年は料理方法の制限が無いため、参加店数[5]が大幅に増えたそうです。

具体的なメニューは、

・蕎麦
・焼肉
・サンドイッチ
・ハンバーガー
・ジンギスカン
・パスタ
・カレー

等、非常に多岐に渡っています[5]。


エゾシカ肉には独特の臭いがあるそうですが、クセのある食べ物はハマると美味しいので、機会があったらエゾシカ肉の料理を食べてみたいものです。

(価格は、流石に少し高そうですが・・・)


※参考資料
・[1]エゾシカ 味確か 札幌、江別 料理まつり 33店提供
 (北海道新聞2009年2月7日(土)朝刊33面(札幌圏)記事)
・[2]エゾシカの有効活用(※「北海道」サイト内)
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ssg/sgs/ezoshika
・[3]産消協働トピックス 「エゾシカ料理まつり」が開催されます(※「北海道」サイト内)
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ts/sum/sk/sansho/topic/ezosikaryori.htm
・[4]札幌など17店で「エゾシカ料理まつり」−道がエゾシカ肉普及促進 - 札幌経済新聞
 http://sapporo.keizai.biz/headline/104/
・[5]「2009エゾシカ料理まつり in 札幌」参加店一覧(※「社団法人エゾシカ協会」サイト内)
 http://www.yezodeer.com/syokutaku/restaurants/ezosikaCookFes/2009list.html
・[6]エゾシカ肉推奨制度/「エゾシカ肉推奨制度」で安全安心な食材をご提供(※「社団法人エゾシカ協会」サイト内)
 http://www.yezodeer.com/syokutaku/suisyo/index.html


2009年01月31日

ほうじ茶で煮込んだエゾシカ肉のつくだ煮「雪もみじ」

北海道札幌の卸小売企業「玉木商店玉翠園」(ぎょくすいえん)[3]が1月27日、エゾシカ肉のつくだ煮「雪もみじ」を発売したとのこと[1]。

このつくだ煮「雪もみじ」は、自身がエゾシカ猟を行い、その調理法も研究している「玉木商店玉翠園」の社長が考案した製品。

雪もみじ」という名前は、エゾシカが最も美味しい季節(紅葉が色づいて冬を迎えるころ)イメージと、鹿肉の呼び名「もみじ」をかけたものとのことです[4]。

エゾシカ肉は、香辛料を利かせた西洋料理で用いられることが多いそうですが、「雪もみじ」では、エゾシカ肉を日常の食卓で楽しむことを狙いとして、

ほうじ茶で煮込んで、肉の生臭さを抑える
・肉の繊維を切って食べやすいようにしつつ、適度な歯ごたえを残す

といった工夫がなされており、ほうじ茶の風味が特徴となっているそうです。

このエゾシカ肉のつくだ煮は、2008年1月に業務用として発売開始され好評だったことから、家庭用として製品化された「雪もみじ」では、使いやすいように、業務用のものから瓶の小型化、蓋の改良が施されたそうです。

雪もみじ」の販売価格は、120g入りで945円となっており、販売は

・玉木商店玉翠園
・道産食品セレクトショップ「きたキッチン」(丸井今井札幌本店内)

等で行われるとのこと。

(「玉翠園」のサイト内コンテンツ[4]には、「雪もみじ」の美味しい食べ方等の情報が掲載されています。)

ちなみにこの「雪もみじ」の製品化には、エゾシカ肉の消費量を増やすことで、北海道内で増えすぎ、森林や農業に被害を及ぼしているエゾシカの捕獲を促進する狙いもあるそうです。


「玉翠園」のサイト[3]を見ると、同社はお茶を専門に取り扱っており、そこからエゾシカ肉ほうじ茶で煮る、ということにつながったとのことで、専門店ならではの非常にユニークな組み合わせだと感じました。


※参考資料
・[1]お茶使い臭み解消 エゾシカつくだ煮 札幌の卸小売 家庭向けに発売
 (北海道新聞2009年1月28日(水)朝刊28面記事)
・[2]お茶使い臭み解消、エゾシカつくだ煮 札幌の卸小売が家庭向けに発売−北海道新聞(話題)
 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/143514.html
・[3]お茶の玉翠園<ぎょくすいえん>
 http://www.gyokusuien.co.jp/index.html
・[4]蝦夷鹿佃煮 「雪もみじ」
 http://www.gyokusuien.co.jp/page028.html
・〈まるい〉道産食品セレクトショップ きたキッチン [丸井今井 札幌本店 トピックス]
 http://www.marui-imai.co.jp/sapporo/s_kita_topics/
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。